Entries

杜の都リコーダーフェスティバルin仙台

こんばんは、HKことひーちゃんです。
仙台は最近急に寒くなり、サークル内でもちらほら風邪が流行っています

さて、去る日曜日に、おそらく東北で初(?)となるリコーダーフェスティバルが行われました
第1部では仙台市をはじめ宮城県内外の団体や愛好家の演奏会が入場無料で行われ、10グループが演奏を披露しました。
リコーダーのみのアンサンブルはもちろん、チェンバロ伴奏のソロやドゥオ、また他の楽器も交えた合奏などが楽しめました。

私たちリコーダーアンサンブルはなんと、トリを務めさせていただきました
カヴァレリア・ルスティカーナの有名な間奏曲と、先週の大学祭で大盛況だったヨッシーアイランドメドレーの2曲を演奏しました。
そしてなんと、時間に余裕があったため、本番に即興でアンコールもお願いされてしまい、メドレーの一部を効果音増量の再演奏でお届けさせていただきました
いやあ、ぶっちゃけすっげ楽しかったです(笑)

第2部はプロの演奏会でした。
出演メンバーの中にはチェンバロ伴奏やプロのリコーダーを生で聴くのは初めてという人も。

全体を通して、とっても楽しく、ためになるフェスティバルでした
参加した後輩たちからも「勉強になった」「参加して良かった」と言ってもらって、とても嬉しかったです
また、演奏のあとや打ち上げの場などで出演者どうしの交流もあり、親睦を深めました。
こういった催しが、これからも続けていけたらいいな、と願っております

さて、次はいよいよ、12月15日のコンサートです!!
リコーダーフェスティバルで演奏を聴いてくださったお客様や他のグループの方からも、「コンサート是非行きます!」と声をかけていただきました。本当に嬉しいことです
部員のみなさんは、12月頭のリハーサルに向けて頑張っていきましょう

とっておきの音楽祭2013

こんばんは
とってもひさしぶりにブログ担当します 修士のHKことひーちゃんです

さて、去る6月2日(日)に仙台市内で行われた"とっておきの音楽祭"というイベントに参加してきました!
障がいのある人も、ない人も、みんなで音楽を楽しみましょう!というコンセプトのイベントで、仙台駅前や勾当台公園、市内アーケードなど至る所、なんと30以上の会場で様々な団体の演奏が行われました

私たちは昨年から応募しており、今年で2回目の参加でした
会場はなんと、アーケード内の藤崎前、とても良い場所を割り当てていただきました。
DSC_3406_20130607203848.jpg


当日は暖かく陽気な天候にも恵まれ、風もなく素敵な野外演奏日和
アーケードなので高音のパートは程よく反響し、また人通りも多く、とても楽しく演奏することができました

曲はゆうがたクインテット残酷な天使のテーゼ小さな世界マーチ旧友など、聞きなじみの曲を8曲ほど演奏しました。
立ち止まってくれるお客様はもちろん、通りがかりにふと振り返ってくれるだけでもとてもうれしかったです


totteoki2013-2

さて、これからしばらくイベントは落ち着き、下積み期間です
7月の頭には新入生のお披露目会でもある部内発表会も控えているので頑張っていきたいですね

"とっておきの音楽祭"に出演してきました♪

こんばんはーHKです。
早いもので、もう6月ですね

昨日は、仙台市内でとっておきの音楽祭というイベントが行われていました。
障害のある人も、ない人も、みんなで音楽を楽しもう!という、素敵なイベントです
コンセプトは、金子みすゞで有名な、「みんな違って、みんないい」
そのイベントで、リコーダーアンサンブルの演奏をしてきました

若干天候が危ぶまれる雲行きでしたが、風もなく、なんとも演奏日和でした
朝いちの演奏にも関わらず、お客さんもそこそこにいらっしゃって一安心(´∀`*)


totteoki01
こんな感じの素敵な会場でした


演奏は、チャイコフスキーのくるみ割り人形より「ロシア人形の踊り」から始まり、大きな古時計のテーマが編曲された「壊れた時計の変奏曲」や、日本の歌らしい「椰子の実」、バッハの「G線上のアリア」などなど、6曲を披露しました

totteoki02
恒例の楽器紹介も好評~


演奏の後は、メンバーで打ち上げを兼ねた昼食を取りつつ、一部のメンバーはイベントを回るなどして楽しみました

今回、仙台市で活動しているリコーダーアンサンブル団体のzibaldoneさんも本日他のステージで出演していらっしゃり、少しばかりですが交流することができました
なんと、本番前にも関わらず、メンバーの皆さんで私たちの演奏を聴いてくださっていたらしいとか。
これを機に、リコーダーの輪がどんどん広がっていくと楽しいですね

朝早くから足を運んでくださった皆様、陰ながら応援してくださった方々、本当にありがとうございました


さてさて、これで一旦春のイベントラッシュが落ち着いて、練習は下積み期間に入ります。
部室でまったりアンサンブルにいそしむのも楽しいものです

また演奏やイベントの際は、こちらのブログや公式webで告知していきますので、お見逃しなく

みどりの日は植物園の日。ミニコンサート

こんばんは!HKです。
GW前半は皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

さて、GW後半、5月4日のみどりの日に、東北大学植物園にて演奏を行います
この日は植物園がなんと入園無料
ガイドツアーやミニコンサートなど、さまざまな催し物が開催されます。

昨年はあいにく震災の影響で中止となってしまいましたが、今年は無事開催となり、私たちリコーダーアンサンブルも再び演奏の機会をいただく運びとなりました

演奏曲目をご紹介します~
おしえて(渡辺岳夫)
アニメ「アルプスの少女ハイジ」のオープニングでおなじみ、もはや私たちの植物園演奏での定番となっています。
カバレリア・ルスティカーナ(P.マスカーニ)
きれいなメロディーの曲です。どこかで聴いたことがあるかも!?
やすらぎの日々(光田康典)
ゲーム「クロノ・トリガー」で使われている名曲です。
サーカスにて(J.D.ケアリー)
リコーダーオリジナル。サーカスの舞台を見ているような愉快な組曲。

私たちの演奏は11時から行います!
自然の音や鳥の鳴き声と調和したリコーダーアンサンブルの響きをお楽しみください
詳しいイベントの情報は、東北大学植物園のイベントのページからどうぞ→http://www.biology.tohoku.ac.jp/garden/event.htm

去る4月21日にはサークルのお花見も行いました(私はちらっとしか行けなかったのですが)
たくさんの新入生が来てくれて、今年もにぎやかになりそうです

【コンサート楽曲紹介第1弾】喜歌劇「こうもり」序曲

大学祭も終わり、早いものでもうすぐ11月も終わりそうです。
仙台では昨日今日と風もかなり冷たくなり、もう冬がすぐここまで来てるようですね

こんにちは、H.K.です。
さて、部室ではコンサートに向けて練習も追い込み
明日23日にはサークル棟にて本番の通しを想定したリハーサルです!
本番へ向けて、ブログでは今回のコンサートで演奏する曲目の紹介をしていきたいな~と思います。
というわけで第一弾です。

今回紹介するのは、今年の目玉の一つでもある 喜歌劇「こうもり」序曲
オーケストラでは定番で、クラシックに詳しい方ならほとんどの方が耳にしたことがあるのではないでしょうか?
「こうもり」は喜歌劇といって、オペレッタ、つまり小さいオペラの作品です。

物語の内容をちょっとご紹介しましょう

役人を殴った罪で禁固形となった主人公。留置所に行く前にと友人に公爵の夜会に誘われます。
外では主人公の妻の元恋人が愛の歌を奏で、夫の留守中に浮気をしてしまいます。
そこに主人公を迎えに来た刑務所長。は浮気相手を夫の身代りにと連行させてしまいます。

さてところ変わって夜会。
も夜会にやってきて、主人公が留置所に行かずにいるのをみて激怒し、変装して近づきます。
自分の妻と気付かずに口説く主人公。妻は言葉巧みに証拠とするため夫の懐中時計を奪います。

真夜中の鐘が鳴り、主人公は出頭しなければならない。ところが留置所に行くと、すでに違う男が囚われています。
わけがあると思った主人公は弁護士に変装して待ちますが、そこに浮気相手を迎えに来た妻登場。
夫婦喧嘩が始まるかと思いきや、そこに昨夜の夜会に誘った主人公の友人が登場。
実はこの友人、3年前にこうもりの恰好のまま主人公に森に置き去りにされ、一連の出来事はすべてこの友人が仕組んだ仕返し、"こうもりの復讐"でした。ちゃんちゃん

オペレッタなので、劇中でいろいろな歌が歌われています。
この劇中の歌を、話の雰囲気がイメージしやすいように詰め込んだのが、"序曲"です。

今回はなんと、たった5本のリコーダーによる演奏です。
原曲よりカットを施した、当サークルオリジナルのアレンジとなっています
一体どんな演奏になるのでしょうか!?乞うご期待


次回の楽曲紹介もお楽しみに
コンサートまで、あと、18日