Entries

笛夕

初めまして。1年のピータンです。

7月8日(土)に毎年恒例の「笛夕」が行われました。これは名前の表すとおり七夕にちなんだイベントで、食事をしたりリコーダーを吹いたりしながら部員同士の親睦を深めるというものです。今年はかなり七夕に近くなりました。(あ、でも仙台の七夕は8月だっけ…)
また、新入生にとっては春練の成果発表の場でもあります。

七夕らしく笹に短冊を飾ったりもしましたよ!願い事の内容にそれぞれの個性が感じられました。
全部叶うといいですね(笑)

成果発表は緊張して膝がガクガクでした…必死だったので実はよく覚えていないです。他の新入生は堂々としていて凄いな…と思ったりしていました。見習いたいです。

無事に発表を終えた後はそうめんを食べながら談笑して楽しみました。今年は大人の事情により流したりはしませんでしたが、小豆島出身のそうめんの申し子(とは呼ばれていない)の新入生が活躍してくれ、更に先輩の素晴らしいセンスによる盛り付けで可愛らしいそうめんとなりました。美味しかった〜!

夏休み後、11月には多くの外部の方に私達の演奏を聴いていただける機会である学祭が控えています。今回の発表で見つけた課題を着実に解決し、皆様に喜んでいただけるような演奏ができるよう精進していきたいと思っています。

では、暑い日が続きますのでお体にはお気をつけください。

第二回つくばリコーダー合宿合同コンサート「coda」

こんにちは。とうとう三年生になってしまった南雲です。大学生活ほんとに時間が経つのが早いです…。

さて、約一か月前の3/9~3/12。茨城県つくば市および東京都の根津で行われた『第二回つくばリコーダー合宿合同コンサート「coda」』に当サークルの7人で参加してきました。(自分は初参加でした。)『つくばリコーダー合宿』をきっかけとして集まった学生主体で企画・運営を行う合宿および演奏会で、全国の大学からリコーダーを吹く大学生が集まる、なかなかない貴重な場です。

合宿当日。慣れない合宿にどきどきしながらつくばの合宿会場に着いたのですが、まだ合宿の開始時間前にも関わらず、すでにリコーダーを吹き始めている参加者がちらほらいたことに驚きました。リコーダー好きな人がたくさん集まっているんだなと実感しました。
そしていよいよ合宿が始まり、3日間、演奏会に向け、朝から夜まで曲の練習を行い続けました。笛尽くしでした。周りの参加者は本当にリコーダー好きな学生ばかりで、そのなかで練習をすることは、リコーダーを吹くうえで自分にとってとてもプラスな体験でした。また、プロの講師である辺保陽一先生から直接、アンサンブルごとに、演奏の指導を受けられる機会もあり、この場でしか得られないとても貴重な体験をしました。
といっても合宿ではありましたので、食事を自分たちで作ったり、宴会をしたりなど、リコーダーの練習以外にも合宿らしい楽しいイベントもありました。普段なかなかできない、他大学の学生との交流もできました。

3日間の合宿もとうとう終わり、4日目、東京の根津にある、神聖な雰囲気を感じる教会にて演奏会を行いました。当日は、席がすべて埋まり、立ち見が出るなど、とても多くのお客さんに来ていただきました。自分は東北大学と北海道大学の学生で構成されるアンサンブルに参加し、演奏しました。普段は発表の場でとてもあがる質なのですが、直前の合宿の影響なのか、アンサンブルの他メンバーによる安心感がすごかったのか、落ち着いて楽しく演奏することができました。また、参加者全員(20人以上)による多人数の編成での演奏にも参加し、リコーダーでは一般的な少人数のアンサンブルとは違う貴重な体験でした。

合宿を振り返ってみて、やはりよかったと思うことは、他大学との学生と交流できたことです。いろんな人がいて、とても新鮮でした。リコーダーもまた好きになりました。
練習などいろいろと大変でしたが、この「coda」に参加できて、とてもよかったです。
ありがとうございました!

2015コンサート

こんにちは!2年さりーです。

さて、当団体では去る12月13日に、定期コンサートを行いました!
当日はたくさんのお客様にご来場いただき、会場はほぼ満席となりました。

今年は40名ほどの部員、そして顧問の先生が演奏を行いました。
ジブリからバロック、イングランド民謡まで、様々なジャンルの曲目を、
チェンバロの音色を表現したキーボードを入れたり、迫力のある9重奏で演奏したりと多様な編成でお届けしました。

多くのお客様に楽しんで頂けたようで、とても嬉しく思っております!
中には、リコーダーの可能性を感じましたとコメントを下さった方も…!!

早いもので、あと10日ほどで今年も終わりになります。
このコンサートをはじめ、今年の当団体の活動にご支援・ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました
来年2016年も、活動を通してリコーダーの魅力を広げていけたらと思っております!
どうぞよろしくお願いいたします。

それでは皆様、よいお年を!!




つくば合宿2015

こんばんは!3年ののんです。

最近はめっきり涼しくなってきましたね。大学生の長い長い夏休みも終わりです。

そんな夏の終わりの9月19日~22日、つくばリコーダー合宿に参加してきました!
つくば合宿は、全国各地の大学のリコーダーサークルや一般団体が集まり、プロのリコーダー奏者である辺保陽一先生のレッスンを受け、最終日に発表会をするというものです。東北大学からは13人が参加しましたが、全体での参加人数は70人を越えていたそうです!すごいですね!

合宿では、各グループでのアンサンブル曲と、参加者全員でのリコオケ(リコーダーオーケストラ)曲の二つを演奏しました。
東北大ではモンテヴェルディ 『聖母マリアの夕べの祈り』より”Nisi Dominus”を、リコオケではバッハ ブランデンブルク協奏曲第一番 全楽章を演奏しました。

モンテヴェルディは正直わけのわからない曲でしたが、辺保先生のレッスンを受けて皆の吹き方が変わっていくのが手に取るようにわかりました。レッスンの前後で曲ががらりと変わったので、音楽って面白いなぁと改めて思いました。なんだか上から目線な書き方になってしまいましたが、実際は自分はかなり必死でしたし本番落ちました。すみません。

リコオケのブランデンブルク協奏曲は、、、難しかったです、、、が、70数人という大人数で、先生の指揮に合わせて演奏するという経験は自分にとっては初めてであり、また普段の活動ではできないことなので、よい体験だったなぁと思います。私はブランデンを吹いているとき、人数と音の多さや厚みに圧倒され、鳥肌が立ちっぱなしでした。自分と同じパートの人の、自分とは違う吹き方を聴くのも勉強になりました。

また、合宿では他の参加者の方々とも交流することができ楽しかったです。寝不足すぎて3日目夜のバーベキューに参加できなかったのが悔やまれてなりません。もし次回も参加できたら、バーベキューに参加することをひとつの目標にしたいと思います(笑)

まとめ:つくば合宿では、先生のレッスンや他大の方の演奏に刺激を受けました。もっと笛がうまくなりたい!たくさん笛を吹きたい!と思いました。辺保先生、ありがとうございました。運営の方々もお疲れさまでした。

さて、これから東北大学リコーダーアンサンブルは大学祭、定期コンサートと演奏行事が続きます。つくば合宿で学んだことを生かしてよりよい演奏会にしていきたいです!

★大学祭
10月30日(金)~11月1日(日)
東北大学川内キャンパス講義棟

★定期コンサート
12月13日(日)
仙台市市民活動サポートセンター


みなさま是非お越しください~

定期コンサート2014

みなさんこんにちは。
2年ののんです。

去る12月20日、市民活動シアターにて定期コンサートを開催しました!

聴きに来て下さった皆様、関係者の皆様、ありがとうございました

今年は一般的な編成の曲に加え、ソプラノリコーダーと比べて1オクターブ高いクライネソプラニーノリコーダーから、2オクターブと少し低いコントラバスリコーダーまでを使った7重曲や、キーボードによる伴奏付きの曲などを演奏しました。
また、たった15秒しかない交響曲(fifteen-second symphony)もありました。

これからもリコーダーの知らない一面をお伝えできるような演奏をしていけたらな、と思います。
来年2015年もどうぞよろしくお願いいたします。

それではよいお年を!