Entries

第二回つくばリコーダー合宿合同コンサート「coda」

こんにちは。とうとう三年生になってしまった南雲です。大学生活ほんとに時間が経つのが早いです…。

さて、約一か月前の3/9~3/12。茨城県つくば市および東京都の根津で行われた『第二回つくばリコーダー合宿合同コンサート「coda」』に当サークルの7人で参加してきました。(自分は初参加でした。)『つくばリコーダー合宿』をきっかけとして集まった学生主体で企画・運営を行う合宿および演奏会で、全国の大学からリコーダーを吹く大学生が集まる、なかなかない貴重な場です。

合宿当日。慣れない合宿にどきどきしながらつくばの合宿会場に着いたのですが、まだ合宿の開始時間前にも関わらず、すでにリコーダーを吹き始めている参加者がちらほらいたことに驚きました。リコーダー好きな人がたくさん集まっているんだなと実感しました。
そしていよいよ合宿が始まり、3日間、演奏会に向け、朝から夜まで曲の練習を行い続けました。笛尽くしでした。周りの参加者は本当にリコーダー好きな学生ばかりで、そのなかで練習をすることは、リコーダーを吹くうえで自分にとってとてもプラスな体験でした。また、プロの講師である辺保陽一先生から直接、アンサンブルごとに、演奏の指導を受けられる機会もあり、この場でしか得られないとても貴重な体験をしました。
といっても合宿ではありましたので、食事を自分たちで作ったり、宴会をしたりなど、リコーダーの練習以外にも合宿らしい楽しいイベントもありました。普段なかなかできない、他大学の学生との交流もできました。

3日間の合宿もとうとう終わり、4日目、東京の根津にある、神聖な雰囲気を感じる教会にて演奏会を行いました。当日は、席がすべて埋まり、立ち見が出るなど、とても多くのお客さんに来ていただきました。自分は東北大学と北海道大学の学生で構成されるアンサンブルに参加し、演奏しました。普段は発表の場でとてもあがる質なのですが、直前の合宿の影響なのか、アンサンブルの他メンバーによる安心感がすごかったのか、落ち着いて楽しく演奏することができました。また、参加者全員(20人以上)による多人数の編成での演奏にも参加し、リコーダーでは一般的な少人数のアンサンブルとは違う貴重な体験でした。

合宿を振り返ってみて、やはりよかったと思うことは、他大学との学生と交流できたことです。いろんな人がいて、とても新鮮でした。リコーダーもまた好きになりました。
練習などいろいろと大変でしたが、この「coda」に参加できて、とてもよかったです。
ありがとうございました!